機能説明:フォーム作成

May 22, 2018
データ入力 Forme Pro Forme lite 機能

フォーム作成

モバイルフォームアプリと銘打っているので、フォーム作成をしなくてはなりません。

Formeではフォーム作成方法は大まかに2つにです。

android端末内で作成

android端末内で作成にも数種類方法があります。

  1. 新規作成:いちから作成する。
  2. テンプレート:テンプレートから選んで作成する。
  3. QRコード読取:他端末のFormeのQRコードを読み取る
1.新規作成:いちから作成する。

メニューから”新規作成”を選択、フォーム名と項目を設定していきます。原則として、項目に制限はありません。

2.テンプレート:テンプレートから選んで作成する。

メニューから”テンプレート”を選択、テンプレートを選択してから新規作成画面に移動します。

3.QRコード読取:他端末のFormeのQRコードを読み取る

各フォームのオプション(縦3つの点)を選択、ボトムメニューから、”情報を見る”を選択してQRコードを読み取る。(英語、日本語のみ対応)

PCで作成

手順としては以下の通りです。

  1. フォーム設定データを作成。
  2. 1.のデータをQRコード化。
  3. FormeでQRコードを読み込む。

1.のフォーム設定データを作成では専用のエクセルファイルであるforme_set.xlsxか、そのまま表を作成するかに分かれます。

forme_set.xlsx

入力箇所が決まっているので、それに従って入力していきます。最後に”QRコード生成用データ”をコピーします。 Formeの設定専用に定義されたデータを作成する為、データの密度が高く設定項目を多くすることができます。 基本的に英語と日本語しか対応していません。左から読む言語であれば、設定できそうですが・・・。

表を作成する
#フォームの名前
設問1 設問2 設問3 設問4
abc 123 Q 選択肢1
選択肢2

表組のルールに従って表を作成します。第1行がフォームの名前、第2行で設問を設定、第3行以降で答えの種類を設定します。 第3行でキーワードを設定することで、独自の機能が使用できます。 詳細は表組のルールで確認してください。

作成した表をコピーします。実際はtsv形式のデータなのでデータ密度が低く、forme_set.xlsxと比べて設定項目は少なくなりますが実用には問題ないです。

2.QRコード化

Forme QRCoderを推奨していますが、”\t”と”\n”の制御文字が出力可能であれば使用できます。

Forme QRCoderは非常に簡単なコード(無論、その他の優秀なプログラマーの皆さんのおかげです。)で動いており、htmlに直にコーディングしてるのでカスタマイズしやすいかも知れません。

尚、Forme QRCoderはMITライセンスなので改変、再配布は自由です。当然の事ながら開発者はいかなる責任も負いません。

多くの場合はPCからフォームを作成すると思いますが、フォーム作成には様々な種類を用意しています。

次回はフォームパーツについて説明をしていきます。

Next Previous

LibreOffice版FormeCollector2について

December 9, 2020
LibreOffice Calc データ入力 Forme Pro Forme go

スプレッドシート版Formecollector2について2

December 9, 2020
google spreadsheet データ入力 Forme Pro Forme go

スプレッドシート版Formecollector2について1

December 9, 2020
google spreadsheet データ入力 Forme Pro Forme go